光脱毛とは

子供や高校生OK。敏感肌、産毛も脱毛できるハーズのハイパースキン脱毛

 

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)とはエステでの脱毛方法で多く用いられている施術方法です。
その名の通り、脱毛したい部分に特殊な光を当てて脱毛します。
メラニン色素のみに反応する波長の光を照射することで、皮膚から顔を出している毛にのみダメージを与えることで脱毛する方式です。それでは光脱毛についての様々な疑問について書いていきます。

 

毛が抜けてくるのはいつ?

施術後2〜3週間ほどで新陳代謝により毛が自然と抜けてきます。
その後、毛が生え変わる周期に合わせてまた光を照射。
エステで光を照射→毛が抜ける→毛が生えてきた→エステで光を照射・・・というように10〜30回ほどエステに通わなければなりません。
光脱毛への道のりは長いです。

 

光脱毛で毛は永久に生えないの?

永久脱毛はほぼできないといっていいでしょう。しかし脱毛を繰り返していくうちに毛は薄くなってきます。
そして場所によって生えてこない部分も出てくるので自宅でのムダ毛処理が徐々に楽になってくることでしょう。

 

光脱毛のメリットとは?

光脱毛は広範囲に一気に照射できるので施術時間が短く、痛みが小さいことがメリットです。
熱い光を一瞬照射しますが、毎回照射する前にきちんと冷やすので痛みはほぼありません。
施術中に眠っている人もいるほどです。

 

そして安いのも大きなメリットです。
各エステ店での価格競争が激しく、年々安くなっていっています。
100円脱毛や人気の部位5つで500円など、こちらが心配するくらい安いです。

 

光脱毛のデメリットとは?

光脱毛は永久脱毛と呼べません。何度もエステに通ってツルツル肌を手に入れても、その後パッタリと行かなくなったらまた毛が生えてきてしまいます。
ツルツルを維持するには定期的に通い続けなければなりません。
また、光脱毛の機械は「黒い毛」にしか反応せず、うぶ毛や色の薄い毛には反応しないので脱毛効果は期待できません。

 

光脱毛とハイパースキン脱毛の違い

光脱毛とハイパースキン脱毛の違い

ハーズのハイパースキン脱毛は子どもや敏感肌、産毛も脱毛OK

 

 

ハイパースキン脱毛は別ページでもお伝えしましたが、それを踏まえて光脱毛とハイパースキン脱毛の違いについてまとめてみました。

 

脱毛方法

光脱毛は「皮膚から顔を出している毛」にアプローチするのに対し、ハイパースキン脱毛は「毛の休止期に毛の種を摘み取る」というアプローチです。
見た目からすると光脱毛の方がすぐに脱毛できている実感があると思います。
ハイパースキン脱毛は休止期の毛穴を確実に処理し、気長に効果を待つという脱毛方法ですが、エステに通う回数は光脱毛より断然短いです。

 

脱毛期間

光脱毛の場合、2〜3ヶ月の間隔を空ける必要があります。
ハイパースキン脱毛は3〜4週間という短い間隔で次の処理が行えるので、短期間で脱毛したい方におすすめです。

 

産毛の脱毛、敏感な箇所の脱毛

光脱毛は機械の性質上、うぶ毛や色の薄い毛は脱毛できません。
ハイパースキン脱毛はうぶ毛や色の薄い毛、白髪も脱毛できます。
痛みが少ないといわれている光脱毛に比べてもっと痛みが少ないハイパースキン脱毛はVIOラインや顔の脱毛も得意としています。

 

 

まとめ

光脱毛とハイパースキン脱毛は脱毛方法や得意不得意が違いますね。
ガツンと光脱毛か、じっくりガッチリ脱毛するハイパースキン脱毛か。
しっかりと特徴を見極めて後悔しないエステ選び・脱毛選びをしましょう。
>>トップページへ戻る

 

 

100円で6ヶ月通い放題のハイパースキン脱毛サロン

↓↓↓↓↓↓